2009年02月13日

故郷よいとこ 都会 自然 街 空気 風





故郷よいとこ 都会 自然 街 空気 風

 いつも、ここにいる時がつかないのだけれど、

  おいらも、たまに、都会に出て行く。

たいがい、標高が、低くなる方向なので、降りていく
 というのが、あたっているかもしれない。

 そうすると、最初は、元気なんだけれど・・・
  3日くらいたつと、どうにも、落ち着かなくなる。

 そう、植物にたとえると、おいら、高原産の石楠花。
  だんだん、枯れそうになる。

  情けないことだが、事実。

   ・・・あわてて、逃げ帰ってくる。

 旅行ガイドなど、見ても、あんまり載っていないだろうけれど
  ここ、南箕輪村 いいとこだよ。

  そして、高遠の奥とか、長谷の山の中とか、
   あんまり、有名でないけれど・・・
    いいところが、たくさんある。

 都会の空気に疲れたら・・・
  街の雑踏に、疲れたら・・・
   そんな、信州の片田舎・・・
    といっても、地図上では、真ん中に近いけれど。

 そんな空気の中、そよ吹く風の中で、感じた
  おいらの耳が、調律した、オーディオ装置で、
   MOZARTを、聴いてもらえたら、うれしいな。

 MOZARTの音楽の繊細さと、ダイナミック。
  それは、自然の空気、まさに、そよ風だから・・・

  そんなMOZART K.467の第二楽章↓

ラベル:空気 自然 都会 故郷
posted by わさび田のパパゲーノ at 16:38| 長野 🌁| Comment(0) | 一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

たまには、海に行って心を大地にアースして



たまには、海に行って心を大地にアースしてくるのも、いいものです。
心をとめて、波がよせてくるのを、見ていたり
どーっとくる音を聴いていたり
何かに放心している時間が大切だと思うのです。

いつも、そう、一分一秒たりと、休みなく、心が動いている。
それを、ほんのちょっとでいいから
仮に、10分でもいいから、止めてみたらいい。

心を少し止めるのにも勇気のいるこの頃!
ちょっと、とまって
そして、できたら、もどってみませんか?

おいらの好きなところは、新潟県の北のほう山北町にある
笹川流れ、桑川、今川あたりの風情
このあたりの砂、小石は、ちょっとピンク色の花崗岩
だから、水が澄んで、とっても美しい。
岩と松と、そして、向こうに見える粟島。
海水浴シーズンの前後、訪れている。

posted by わさび田のパパゲーノ at 22:18| 長野 ☀| Comment(0) | 一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。