2009年06月06日

やっぱりモーツァルトが好き!!

おいらの聴いてきたMOZART

 特に、この↓の曲たちが・・・

  いつも、聴いている曲。

 実は、おいらのホームページからのコピー。

 http://kuuki.iinaa.net/


やっぱりモーツァルトが好き!!

「 クラリネット五重奏曲 (K.581)」
静かに、静かに、雪の降る夜、あかあかと燃える暖炉の前で、ひとり想い出に
ふけるような、そんな風情。
過ぎ去ったこと、いろんなこと、皆、「本当に大切だったなあ」って
思えるようになる。
自分を責めるわけでもなく、誰かを悪く思うのではなく、
いつしかきっと、自分をほめてあげたくなる。
心から満足して、明日からまた元気に、歩いていきたくなる。
「人生がいいものなんだって思えてくる。」
そんな懐かしさに満ちた名曲を、しみじみ聴いていきたいものです。
* * *
今日は誰の演奏で聴きますか?ウラッハ? ブライマー? ペイエ? それとも?

「 ホルン協奏曲 」
ヨーロッパアルプスのてっぺんに立って、雲がこちらに向かって流れてくる、
風に吹かれながら見ているのは、イタリアか?
下界を見下しているような気分!
心がウキウキしてくる曲。

「 交響曲 29番 (K.201)」
かすみにゆらゆら萌える春の野原が、心のスクリーンに浮かび上がってきます。
青春の淡い息吹きで、未来に向けて力いっぱい進んで行けるような気分!
こんな曲を聴いていると、ちっぽけなことは、考えられなくなってしまいます。
そして・・・・・
「今の自分は、かっての自分が想い描いた姿であって、もし今かりに何もできて
いないとすれば、それは、何も考えていなかったからです。
それでは、未来の自分は???
それは今、心の中の、まっ白いカンバスに、思いっきり、大きく描けばよい。」
29番のシンフォニーを聴いていると、そんな勇気が湧いてくるのです。

「 ピアノ協奏曲23番 」
眼をとじて聴いていると、雪が降った朝、新雪に朝陽があたって
キラッキラッしているそんなさわやかな光の中を泳いでいるような気分
こんな、新鮮な朝があったんだ。

「 レクイエム 」
なぜか、もう、どうしようもなくなったときに聴くと、生気が戻ってきます。
死者のためのミサ曲なのに

「 オルガン・ソロ・ミサ 」
なぜか、この曲も、よく聴いています。
キリエ・エレイソン・・・

「 アヴェ・ヴェルム・コルプス 」
こんなに、短い曲なのに、グングン、引き込まれていってしまう。

「 ピアノ協奏曲27番 」
クララ・ハスキルの演奏で決まり。
もう、魂が、天国に、行ってしまっている。
我が、生涯の愛聴盤。


「 音楽を聴いていると」
モーツァルトなどの音楽を、聴かせてもらっているうちに
固定観念の固まり、エゴイズム、頑固、無知、プライドetc.
そんなちっぽけな自分を意識していることが、バカバカしくなってきます。
良い音楽を聴き続けると、イマジネーション豊かな、
前向き人間になれるように思います。

夢をいつまでも見れる、いたづらっ子でいたいと、思います。
音楽療法、音楽健康法、等、いろいろ言われていますが、
自分の好きな曲を、好きな時に、心のままに聴いていきたいものです。
ラベル:Mozart
posted by わさび田のパパゲーノ at 11:25| 長野 ☁| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

MOZART ディヴェルチメント 音楽と演奏

MOZART ディヴェルチメント 音楽と演奏

 好きなMOZARTの曲でも・・・
  演奏が、合わないと、おもしろくない。

  なんでも、いいわけでは、ないんだな。

posted by わさび田のパパゲーノ at 16:56| 長野 ☁| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

SWEDEN映画、短くも美しく燃えのサウンドトラックのものだった ふだん使いのMOZARTとは・・・ MOZARTのK.467 ピアノ協奏曲21番





 ふだん使いのMOZARTとは・・・
  なんと、不謹慎な・・・

 まだ、レコードを、たくさん持っていなかったころ、
  おいらが買ったのは、タイムライフが、
   ドイツ・グラモフォンの原盤で作った、
    ピアノアルバムの10枚組だった。

 それには、MOZART他の、ピアノ曲の
  有名曲が、ずらっと並んでいた。

 で、今になって思うと、
  案外、当たりだったような気がする。
    演奏もまともだったから。

 そう、最初に、どんなレコードで聴くかってのは、
  案外、大切なことかもしれない。
   下手な演奏だと、曲に、興味がいかない。

 その点、タイムライフのは、
  MOZARTのK.467 ピアノ協奏曲21番
   ゲザ・アンダの演奏だった。
  これは、SWEDEN映画、短くも美しく燃えの
   サウンドトラックのものだった。

 それ以来・・・
  この曲は、おいらのふだん使いのMOZARTになった。

  今日は、リパッティの演奏↓

MOZART K.467 リパッティの演奏
posted by わさび田のパパゲーノ at 21:16| 長野 ☀| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

MOZART K.452 朝 朝霧の中を、散歩するように・・・




MOZART K.452
  朝 朝霧の中を、散歩するように・・・

 草の葉のしずくに、朝陽があたって、キラキラしている。
  森も、おだやかに、包み込んでくれる。

  信州 上伊那 とつても、美しいところ。
   青い空に、ふたつのアルプスの雪が、輝く。

  今日は、空木岳が、いいよ。

posted by わさび田のパパゲーノ at 08:11| 長野 ☔| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

MOZART K.581 クラリネット五重奏曲 いろいろな演奏について














MOZART K.581 クラリネット五重奏曲
   その、いろいろな演奏について

 さあて、またまた、クラリネット五重奏曲。
  おいら、この曲のレコード、何枚、持っているのだろう?
   今、ちまたにあるCDの例を、↑に並べてみた。
    えーっ、なんで、こんなにたくさん???

   そんなバカな??? と思われるかな???

 いいえ、好きな曲だと、気になって、買ってきてしまう。
  気がついたら、30枚以上、集めていた。

 で、全部、違うんだよね。
  で、おいらが、好きな演奏って、何枚かあるんだ。

 今回の↓のYOUTUBEのものはどうだろう???

  以前に、載せたものと、比べてみて・・・

 それにしても、いい時代に、なったものだ。
  おいらが、レコード集めていたころなんて、
   決して、こんなふうに、聴くことはできなかった。
    もちろん、レコード店だって、かけてくれない。

 聴きたい演奏が、リアルタイムで、流れてくることなんて、
  なかった。

 コンサートに行っても、こういう曲より、
  集客力のある、選曲になってしまって、聴けない。

 YOUTUBEを、有効に、利用して欲しい。
  そして、気に入った演奏が、見つかったら・・・
   その演奏のCDを、買おう・・・
 本当は、アナログ・レコードといいたいのだけれど、
  こちらは、オーディオ・システム、持っていないと。


posted by わさび田のパパゲーノ at 16:58| 長野 ☁| Comment(1) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

MOZART 本音の癒しの曲 ストレス アイディア おいらの特効曲 それは、K.581 クラリネット五重奏曲

MOZART 本音の癒しの曲
 ストレス アイディア おいらの特効曲 
  それは、K.581 クラリネット五重奏曲

 整理されているだけで、626曲もあるMOZARTの曲。
  その中で、おいらが、本当に、よく聴く曲が、ある。

 ストレスにめげている時、
  開発テーマの打開に、アイディアが出ずいき詰まっている時、
   おいらは、いつも、この曲を、聴いてきた。

 落ち込んでいる時に、自分に、頑張れなんていったら、
  さらに、落ち込んでしまう。

 失恋して、がっくりしている時は、この曲すら、
  聴けないかもしれない。

それが、この曲、K.581
  クラリネット五重奏曲  

 
posted by わさび田のパパゲーノ at 19:53| 長野 ☁| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

3月2日は、おいらの誕生日 そして、MOZARTのK.488が、作曲された日 さらに、一日、遅れたら、とってもやばい日

3月2日は、おいらの誕生日 
 そして、MOZARTのK.488が、作曲された日
  さらに、一日、遅れたら、とってもやばい日

 なぜって、ひな祭り生まれの男の子???


 それでは、K.488 ピアノ協奏曲23番↓

ラベル:3月2日 誕生日
posted by わさび田のパパゲーノ at 23:53| 長野 ☀| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

おいらのMOZARTのレコードの聴き方 たとえば、交響曲40番 おいらは、こんなふうに、レコードを、集めたんだ。

ジョージ・セル盤↓




ケルテス盤↓




マリナー盤↓





おいらのMOZARTのレコードの聴き方
 たとえば、交響曲40番
  おいらは、こんなふうに、レコードを、集めたんだ。

 結局、評論家の意見とか、本の推奨盤とかは、
  頼りにできなくって、自分で、カタログを、
   調べて買った。

  長い間に、何枚聴いたんだろう?
   軽く30枚以上、聴いていると思う。

 で、MOZARTのほかの曲たちも、10枚以上、
  聴いたものも多いんだ。

  これだけは、評論家・業界の宣伝マンたちの
   甘い記事に、だまされないからね。

   むかし書いた、40番シンフォニーの記事↓


Symphony No.40

 モーツァルトの「交響曲40番」について、思ったままを書きます。
  私にとって、この曲は、モーツァルトを聴く生活をする
    トリガーになった曲です。
 小林秀雄氏の「モーツァルト」の中に、この曲がでてきて、
  大阪だったか、夜の街を歩いている時に、このメロディが響いたと。
 私は、ずっとそれが、「第一楽章」のようなつもりでいたが
    ある時、読み返してみて、楽譜を読むと「第四楽章」だった。

 学生時代に、10Kmロードレースがあって、全員が走った。
  そんな時、この曲の「第一楽章」を口ずさみながら、走った。
   それ以来、何か、走る場面になった時、自然に浮ぶようになった。
  一生懸命になった時にも!

 だから、レコードを見つけると、買ってきて聴いた。
  以下に、それをご紹介します。

  バーンスタイン/ニューヨーク   バーンスタイン/ウィーン
  フリッチャイ/ウィーン      シューリヒト/パリオペラ座
  スイートナー/ドレスデン     フルトヴェングラー/ウイーン
  セル/クリーブランド       カザルス/マールボロ
  ワルター/ニューヨーク      ワルター/コロンビア
  マリナー/アカデミー       ケルテス/ウィーン
  ブリテン/イギリス        ジュリーニ/ニューフィルハーモニア
  ドラティ/ミネアポリス      ベーム/ベルリン
  アバド/ロンドン         ブリュッヘン
  グシュルバウアー/バンベルク   コレギウムアウレウム 等・・・

 ふだん、自分が口ずさんでいるメロディと、同じものはないように思う。
  あるものは、せっかちすぎるし、また、あるものは、飯田線のよう
   そんな中で、手元にいつまでもおいておきたいのは?
    セル/シューリヒト/カザルスの3枚。
      気になるのは、バーンスタイン/ニューヨークのもの
       ふだん使いは、ケルテスかな!!
  あとは、シルヴィバルタンかもしれない。

   自分のための「一曲」を選んであげるのって、たいへんだあ。
    せいぜい、可愛がってあげよう。
     明日も、元気に、歩くために!



ワルター・ウィーンフィル盤↓




posted by わさび田のパパゲーノ at 21:13| 長野 ☔| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

MOZART アヴェ・ヴェルム・コルプス この短い曲の恩恵

MOZART アヴェ・ヴェルム・コルプス この短い曲の恩恵

 おいら、オーディオ屋であるけれど、
  同時に、レコード店でもある。

 よく、音楽を聴かない、テスト・レコードばかり
  かけているようなオーディオ屋さんがいるけれど
   正直、ゴメンだ。

 そもそも、オーディオって、音楽聴くための装置。
  だから、単なる機械遊びの道具にされては困る。

 そんなおいらが、この曲をかけると、
  音楽室の中が、いっぺんに、神聖な場所になってしまう。

 なぜか、光が、変わってしまうような・・・
  それではそんな曲

  MOZART アヴェ・ヴェルム・コルプス↓

posted by わさび田のパパゲーノ at 17:35| 長野 ☀| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

鉄腕アトムと音楽  発想人間と音楽










今日、NHKのテレビで、鉄腕アトムと音楽
 つまり、手塚治虫さんと、音楽の放送があった。

 もちろん、アニメを、製作中にも、
  クラシックや、ミュージカルを、アナログ・レコードで、
   流されていたのに、加え・・・

 ジャングル大帝はじめ、数々の
  アニメのテーマ・ミュージック、
   そして、バック・ミュージックにも、
    こだわられているのがわかった。

 普通の人々には、ただの音楽にすぎないかもしれないが、
  世の発明家、アイディアマンたちは、
   音楽が、好きだ。

 アインシュタインは、自身でヴァイオリンを、弾いたし、
  糸川英夫さんのチェロ、
   ドクター中松さんの音楽好きは、有名だ。

 今、世相は、不況だと、暗い。
  しかし、みんなで一緒に、お通夜になっていることはない。

 こんな時期だからこそ、それぞれの人の、
  独創力を、発揮しようよ。

 おいら、音楽は、そういう力があると、信じる。
posted by わさび田のパパゲーノ at 18:42| 長野 | Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の散歩とMOZART K.452






朝の散歩 気持ちいい。

 ここは、長野県 上伊那郡 南箕輪村

  中央アルプスと、南アルプスに、はさまれた
   のどかな田園地帯。

 その真ん中を、天を渡る龍のように・・・
  天竜川が、流れている。

 自然も豊か。

  キツネ、いたち、キジ、もぐら、いろいろ。

 そして、そんな美しい自然のなかを行く散歩。
  おいらのは、チンタラ歩きだ。

 そんな朝のさわやかさに、この曲はどうかな↓

ラベル:MOZART
posted by わさび田のパパゲーノ at 09:23| 長野 ☁| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

レコード屋のくせに・・・ 最近思う、音楽の聴き方




おいら自身のことだ。

 レコード屋でしょう。
  ってことは、レコードが、たくさんある。

 これってすごいことなんだけれど、
  考えようによっては、良くない。

   なんで?

 それは・・・ 聴き方が、軽くなってしまう。
  いや、いつも、何かで、腹いっぱいの
   ぐうたら人間に、なっているっていうこと。

 で、そう・・・
  音楽を聴くのには、適度な飢餓感が、必要。

   音楽の断食

 聴きすぎないことだ。
  レコード屋のくせに・・・
   いいよ、レコード屋の前に、音楽が好きだから。

 正直言って、聴かなくっていいレコードのほうが、多い。
  とっくに、ケリのついてしまった音楽のほうが多い。

  本当に、大切な音楽を、聴いて欲しい。

  そして、そんな音楽に、めぐり会って欲しい。

 たとえば、K.595
  おいらは、クララ・ハスキルで聴く↓

ラベル:レコード
posted by わさび田のパパゲーノ at 18:02| 長野 ☁| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

MOZART入門 なんでも、お気軽入門の国 で、その先は?




MOZART入門 
 なんでも、お気軽入門の国 で、その先は?

 この国で、今、注目を、あびているのは・・・

  ダイエットに、健康、シルバー・エイジ関連

 おいら、いつも、思う。

  オーディオとか、レコードでも、一緒。

本屋に行くと、オーディオ入門
 レコード入門  MOZART入門

  で、その先は???

 ダイエットなんかで、いつも、感じるのは・・・
  まったく、天邪鬼の意見だけれど・・・

  たとえば、マラソンとか、トライアスロンの選手に
   太った人って、いないよね。

 結局、食べる量と、消費する量のバランスだと、
  思うんだけれど・・・

 いろいろな、ダイエット法が、紹介されているな。

  MOZARTの聴き方なんかでも・・・
   あまりにも、なんとか入門 すぎないかと
    気にかかる。


 ところで、この曲は入門用かな?
  おいら、いつも聴いているけれど・・・↓


posted by わさび田のパパゲーノ at 20:33| 長野 | Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽の効用 音楽療法 酒 花 動物・・・






音楽の効用 音楽療法 酒 花 動物・・・

 MOZARTのあの曲は、なになにに効きます。

  なんて、よく紹介されている。

 酒にモーツァルトの音楽を、聴かせると、うまくなる。

  花に、MOZARTで、美しい花。

 工場に、MOZARTの音楽を、流すと、能率が上がる。

  なんにでも、効きそうだ。

   
   しかしだよ・・・

 おいらここでも気になる。

  そんな一般論なんか、どうでもいい。

   おいら、自分でも、不思議。

 おいら自体の、バイオリズムに、マッチした、

  MOZART かけなきゃー、意味がない。

   モーツァルトなら、何でもいいんじゃない。

  自分の気持ち、時間、場所。

   おいらは、じっとして、動かない、酒や花じゃ、

    ないからな。

  おいらの子守唄は↓

posted by わさび田のパパゲーノ at 13:24| 長野 ☀| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MOZARTブーム しかし、おいら気になる??? 愛聴盤持っていますか?








 MOZARTブーム
  しかし、おいら気になる??? 愛聴盤持っていますか?

 最近は、猫も杓子も、MOZART。

  コンサートでも、MOZART。

   本でも、なんでも、MOZARTブーム

 しかし、おいら気になる??? 愛聴盤持っていますか?

  よそのことはいい。

   あなたとしての、愛聴盤持っていますか?

 本には626曲のMOZART。

  しかし、そんなに、レコード集められないよ。

   集めたって、聴けない。 そうでしょう?

  だからこそ、あなたとしての愛聴盤。

   最初は、10枚でいいさあ。

    じゃ、なにを、集める???

  おいらだったら、たとえば↓

posted by わさび田のパパゲーノ at 13:13| 長野 ☀| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

おいらは、言いたい・・・そんな人は、野蛮人だって!

野蛮人!

自己紹介のときなどに、よく出会う場面なんだけど、
「私は、クラシックを聴かないから普通の人なんだ!」って、
平気で言う人がいるでしょう。
言い換えると、
「私は、クラシックがわからないから、普通の人なんだ!」
みたいに、言う人がいるね。
とっつきやすい、普通の人って、言いたいらしいのだけど!

これを、ほかのことで言ったら!
「私は、ピカソや、ルノアールが、わからない。」って
言っているようなものなんだ。

どこの国に、「自分の無知」を自慢する人がいるんだろう?
人類の遺産のような芸術を無視して、なんで平気なんだろう?

たった、ひとこと、言ってあげます。
そんな人は、野蛮人だって!



コロボックル・ヒュッテ

長野県、霧が峰、車山肩に
手塚宗求さんの
コロボックル・ヒュッテがあって
私も、泊めていただいたことがあります。

「邂逅の山」ほか、多数の著書があって、
その著作も素晴らしいのですが、
なんといっても、なにもなかったところに
コロボックル・ヒュッテを
建てられたことに驚嘆しました。

私も、レコードと、オーディオの
「音楽登山のヒュッテになれたら!」と、
しみじみ、想います。



オーディオの調律師

オーディオ製品は、買ってきて、つなげば音はでますが、
音楽的に鳴ってくれるかどうかは、別次元のことです。

テレビだって買って来てアンテナをつないだだけじゃダメで
アンテナの向きを調整しなきゃいけないでしょう。

ピアノだって、そこにあるだけではダメで、
きっちりとした、調律がされて、
初めて、音楽を奏でる準備ができるのです。

私は、そんな、オーディオの調律師を、めざしています。

心という、一番デリケートな世界に接するものだからこそ、
とっても、大切に思っているのです。

そんな製品をあなたが愛してくれたら!
当初から、そんじょそこらにない再生を保証しますが、
あなたが、愛しぬいて聴いてくれたその結果として、
10年後には、素晴らしい音空間が、実現します。
posted by わさび田のパパゲーノ at 22:03| 長野 ☀| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モーツァルトの青春 交響曲29番イ長調 顔つきが、大黒様のように、にこやかになる・・・

モーツァルトの青春 交響曲29番イ長調
顔つきが、大黒様のように、にこやかになる・・・


モーツァルトの青春 交響曲29番イ長調

 この曲、さりげなく、小さな音で、部屋に、流しておいてください。
  きっと、へたくそな、カーテンの交換より、いいと思う。

 子供の心が、やさしくなる。
  おとなたちだって、ほっとする。
   料理は、うまく感じる。
    ワインは、ひときは・・・

 顔つきが、大黒様のように、にこやかになる・・・
   
   はずである・・・

    保証は、しませんが。


交響曲29番イ長調 
    春霞に香る青春の息吹!

モーツァルトの青春

青春のいぶきに溢れた、春霞のただようような曲。
 モーツァルトのイ長調の曲は、ほとんど好きだ。
  クラリネット5重奏曲、クラリネット協奏曲
   ピアノ協奏曲23番・・・などなど。
交響曲29番イ長調K.201は、そんな中でも
 特に好きだ。
  いつも聴いているのは、マリナー・アカデミーのアーゴ盤。
   あとの、フィリップスの入れ直しでは、はつらつさがない。
    青春の、真っ只中のように、生き生きしている。
 春霞の中の、南アルプス仙丈ヶ岳、中央アルプス。
  光の帯のような天龍川・・・桜も近い。(^_-)

今までに、何枚!買ったのだろう?
いろんな指揮者、演奏団体で!
カザルス、ワルター、フリッチャイ、クレンペラー
ペーター・マーク、バーンスタイン、などなど

学校を卒業して、社会人として、世界に
とび出した頃に、聴いていた。
おいらの人生のBGMの大切な一曲。

おいらのオーディオ・ルーム、
 ここ、オーディオ店の、とっておきの、必殺仕事盤。
  ・・・あっ、いけね。 また、企業秘密が・・・


交響曲29番イ長調

この曲は、本当に、春霞のように、淡い曲!
とっても、演奏が、むずかしいんではないだろうか?
ちょっとでも、おそく、重々しくしたら
まったく、かろやかさが、消えてしまう!
はつらつとして、若々しく!

そんなレコードを、再生するための
オーディオシステムも大切だ!
デリケートかつダイナミックで、音楽の表情を
みごとに、再生するだけの実力のあるシステム!

能率100dbを、超えるような、繊細かつ
ダイナミックなスピーカーを、良質なアンプで、動作!
プレーヤーにも、とことん、こだわろう!
そんなオーディオシステムを、めいっぱい調整して
美しいモーツァルトのしなやかさを、再現したい。
posted by わさび田のパパゲーノ at 21:31| 長野 ☀| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MOZART レクイエムより、おいらの好きな レコルダーレ




音楽が、いつも、万能ではない。
 失恋して、がっくりきたときとか・・・
  悲しみの深いときは、音楽さえ、聴きたくない。

しかし、少し、元気になったとき、聴きたい曲がある。
 そんな時のおいらの曲は、なんと、レクイエム。

  えっ、死者のためのミサ曲じゃないか???

そう、おいらには、特に、この曲がいい↓

posted by わさび田のパパゲーノ at 16:14| 長野 ☀| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MOZART 好きな曲を載せてみるよ

アヴェ・ヴェルム・コルプス

 オーディオ・レコード店主のおいら。

お客が、帰ったあと、こういう曲を、聴いているよ。

 短い曲だけれど、なにか、やさしくなれる。

 しかし、この曲、オーディオ屋には、試金石。耳

  オーディオ装置は、しっかり調教しておかないと、
   手ごわい↓


ラベル:MOZART
posted by わさび田のパパゲーノ at 10:03| 長野 ☁| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MOZART K.488 ピアノ協奏曲23番 おいらの誕生日に作られた曲

だれにも、大切な曲ってあるでしょう。

 おいらが、一番最初に買ったピアノ協奏曲のレコード。

  おいらの誕生日に作られた曲なんだって。↓

posted by わさび田のパパゲーノ at 09:50| 長野 ☁| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。