2012年04月26日

<<軽く軽く>>  新潟県の「山田鷹夫さんの詞」 に、おいらが作曲したもの

タンポポの綿毛が、風にいっせいに、飛んでいきます。
まるで、「石橋をたたいてこわしてしまう」そんな人たちを
あざ笑うかのように・・・
ここ、みなみみのわは、「日本たんぽぽ」と「西洋タンポポ」が
いっしょに、咲き乱れています。
アスファルトの割れ目で、けなげに花を咲かせています。
「たんぽぽ」のように、飛び立つ「勇気」、見習いましょう。


<<軽く軽く>>      新潟県の「山田鷹夫さんの詞」

 1. 軽く 軽く 飛んで行こう タンポポの 羽毛のように
     黄色い花びらの 仲間たち 忘れて
      行き先は どこなのか 気にも とめず
    軽く 軽く 飛んで行こう
     飛びたいままに 地球の裏までも
      ひたすらに 軽く 軽く 舞い上がれば
       光に 舞い踊り 光に とける

 2. 軽く 軽く 流れて行こう 岩間を伝う 清水のように
     行き先違った 仲間たち 忘れて
      行き先は どこなのか 気にも とめず
    軽く 軽く 流れて行こう
     流れるままに 地球の果てまでも
      ひたすらに 軽く 軽く ほとばしれば
       大河に 出会い 母なる海へ

 3. 軽く 軽く 漂いゆこう ぽっかりと 浮き雲のように
     離れていった 仲間たち忘れて
      行き先は どこなのか 気にも とめず
    軽く 軽く 漂いゆこう
     漂うままに 地球の彼方までも
      ひたすらに 軽く 軽く 浮かび続けて
       青空に 舞い上がり 青空にとける

         (CDアルバム”溢歓自在”/18曲入りから)

  1996年 1/18(木)PM8:30ごろ
     SBCラジオ「武田徹さんの中年ど真ん中」に出演

<<軽く軽く>>  この↓をクリックすると、聴けます 歌っているのも、おいら
04 トラック 4.wma
posted by わさび田のパパゲーノ at 14:23| 長野 ☁| Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。