2009年02月25日

ドクター中松 頭のよくなる椅子の続き

さあて、頭のよくなる椅子。
 どんなものなんだろう?

 先の独創力の秘密という本は、文だけなので、
  映像からのヒントがない。

で、おいら、その当時・・・
 ドクター中松さんの事務所を、尋ねている。
  当時、お休み処という名前の部屋があって、
   その頭のよくなる椅子が、並べられており、
    実際に、体験することが、できたのだ。

 で、おいらの発想は、その椅子に、座るところから
  始まった。

  もっとも・・・
   そういう、現物を、眼にする前に、
    自分として、仮説を立てておくのが、いい。

  おいらも、そうしたんだ。

   で、ここに、おいらの答えを書くのは、簡単。

  しかし、神様から、こんな課題、もらったと思って、
   あなたも、自分で、仮説を立ててみて。
posted by わさび田のパパゲーノ at 21:55| 長野 ☔| Comment(0) | 才能教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。