2009年02月23日

ドクター中松 セレブレックス 頭のよくなる椅子のお話 おいらのアクション





ドクター中松 
 セレブレックス 頭のよくなる椅子のお話
  おいらのアクション

 おいら、この人、本当におもしろい。

  初めてドクター中松さんのことを知ったのは、
   PHPから出ていた 独創力の秘密 という本。

 いろいろ、おもしろいことが書いてあったが、
  その中に、頭のよくなる椅子 なんてのが、
   載っていた。

 で、おいら、こういうのに、弱い。
  どうなっているのか、知りたくなってしまう。

 おいらのやっている、オーディオでも、同じで、
  普通の人って、TANNOY JBL とかが、
   良いといわれると、それが、どうして?
    いいのかを、考えないで、鵜呑みにしてしまう。

 しかし、ここは、おいら、エジソンと同じで、
  なぜ?
   にこだわる。

 で、宿題を、出すよ!

 その頭のよくなる椅子って、
   そもそも、どうなっていると思う???

 形は、大きな、リクライニング・シート。
  歯医者の椅子くらいかな!
posted by わさび田のパパゲーノ at 23:17| 長野 ☁| Comment(0) | 才能教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。