2009年02月21日

親の本当の役目 こどもの才能を、伸ばせる親とは? エジソンの母に学ぶ




親の本当の役目
 こどもの才能を、伸ばせる親とは?
  エジソンの母に学ぶ

 学歴尊重の日本。
  しかし、おいら、ちょっと気になる。
   それは、親たちが、一番、肝心なことを、
    人任せにしているような気がしてならないから。

 たとえば、以下の例を、読んでみてください。


 風変わりな子供

夕方になっても帰ってこないアル!を心配して
 探していたお母さんは、
  鳥小屋の中でガチョウの卵をあたためている
    アルを見つけました。

(お母さん) アル!何をしているの? (英語で)

(アル) うん、卵をかえしているんだよ!

       ???

 また、アルは、周囲の人々にいろいろな なぜ? を
  あびせかけて、困らせていました!

 たとえば
  なぜ? 皿は落とすと割れるの?
  なぜ? 木の船は沈まないの?
  なぜ? トンボの目は頭の上にあるの?
  なぜ?
  なぜ?
       ???

 周囲の人々は、アルは頭がでっかいから
  あんなへんな質問ばかりするのだろうって言いました!
   みなから、バカよばわりされて
    学校の先生にさえ、サジをなげられてしまうアル!

 しかし、アルのお母さんだけは、そんなアルを

 いいえ、あの子は何でも考えてみることと
  自分でためしてみることが好きなのですよ。
   あの子は、かしこい子です!

     って、かばいました。

 この風変わりな子供、アルこそ、
  のちの発明王!(特許取得1000件)
    トーマス・アルバ・エジソン です。

 もし、エジソンのお母さんまでが・・・
  皆と一緒になって、幼いアルを、かばわなかったら、
   今頃、どうなっていただろう。

 おいらは、オーディオ・レコード店主だから、
  蓄音機の発明が、遅れたら・・・ と思うと、
   ぞっとする。

posted by わさび田のパパゲーノ at 22:28| 長野 ☀| Comment(0) | 才能教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。