2009年02月11日

才能教育 鈴木鎮一さんは、松本市・中山霊園にねむる




才能教育 鈴木鎮一さんは、松本市・中山霊園にねむる

 鈴木さんは、10年ほど前、100歳近くで、
  お亡くなりになってしまった。

おいら、本物の鈴木さんには、一回だけ、
 しかも、遠目でしか、お逢いしていない。

 松本市の市の真ん中から、南の方角・・・
  中山霊園の一番高いところに、
   鈴木さんは、ねむっています。

 一冊の本 そう、たった、一冊の本が、
  おいらには・・・
   とっても、いとおしい。

  そして、そんな一冊に、青春のあの日に、
   出逢えたことが、うれしい。

 おいらが、本当に、探し回っていた・・・
  ちょうど、その時に。

   人の縁 不思議だとしか、言いようがない。 
posted by わさび田のパパゲーノ at 20:54| 長野 ☁| Comment(0) | 才能教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。