2009年02月06日

ジャズ たとえば、ウィントン・ケリー

この記事は、この曲を聴きながら読んでください↓



ジャズ たとえば、ここに載せたウィントン・ケリー。
 おいら、ケリーの弾むようなピアノが、好きだ。

 モーツァルトにある生命力に、通じるような・・・

  で、音楽って、教養とか、知識とかで聴かないで、
   おいらたちの、生きているそのリズムで、
    聴きたいと思う。

モーツァルトを聴くためのオーディオ・システムは、
 そんなJAZZの生命力を、再生できるものでないと、
  ダメなんだ。

  そして、鳥の羽毛が、落ちる音が、聴こえるような。

 音楽の光と影。
  そよ風のようなさわやかさと、ダイナミック。



posted by わさび田のパパゲーノ at 18:59| 長野 ☁| Comment(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。