2009年02月04日

おいらは、言いたい・・・そんな人は、野蛮人だって!

野蛮人!

自己紹介のときなどに、よく出会う場面なんだけど、
「私は、クラシックを聴かないから普通の人なんだ!」って、
平気で言う人がいるでしょう。
言い換えると、
「私は、クラシックがわからないから、普通の人なんだ!」
みたいに、言う人がいるね。
とっつきやすい、普通の人って、言いたいらしいのだけど!

これを、ほかのことで言ったら!
「私は、ピカソや、ルノアールが、わからない。」って
言っているようなものなんだ。

どこの国に、「自分の無知」を自慢する人がいるんだろう?
人類の遺産のような芸術を無視して、なんで平気なんだろう?

たった、ひとこと、言ってあげます。
そんな人は、野蛮人だって!



コロボックル・ヒュッテ

長野県、霧が峰、車山肩に
手塚宗求さんの
コロボックル・ヒュッテがあって
私も、泊めていただいたことがあります。

「邂逅の山」ほか、多数の著書があって、
その著作も素晴らしいのですが、
なんといっても、なにもなかったところに
コロボックル・ヒュッテを
建てられたことに驚嘆しました。

私も、レコードと、オーディオの
「音楽登山のヒュッテになれたら!」と、
しみじみ、想います。



オーディオの調律師

オーディオ製品は、買ってきて、つなげば音はでますが、
音楽的に鳴ってくれるかどうかは、別次元のことです。

テレビだって買って来てアンテナをつないだだけじゃダメで
アンテナの向きを調整しなきゃいけないでしょう。

ピアノだって、そこにあるだけではダメで、
きっちりとした、調律がされて、
初めて、音楽を奏でる準備ができるのです。

私は、そんな、オーディオの調律師を、めざしています。

心という、一番デリケートな世界に接するものだからこそ、
とっても、大切に思っているのです。

そんな製品をあなたが愛してくれたら!
当初から、そんじょそこらにない再生を保証しますが、
あなたが、愛しぬいて聴いてくれたその結果として、
10年後には、素晴らしい音空間が、実現します。
posted by わさび田のパパゲーノ at 22:03| 長野 ☀| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。