2009年04月12日

アナログ・レコード・プレーヤー オートチェンジャー ながら聴きのよさ

アナログ・レコード・プレーヤー
 オートチェンジャー ながら聴きのよさ

 アナログ・レコード・プレーヤーの中に、
  オートチェンジャーの付いたものがある。

 これって、日本では、ぜんぜん、はやらなかったのだが、
  海外では、ほとんど、これだったようだ。

 というのも、おいらに、届けられるレコードを
  見ているとわかるのだ。
   そう、たいがい、その痕跡があるから・・・

 最近は、おいらも、オートチェンジャーで、
  レコードをかける。

 LPが、7−8枚、セットできる。
  それを、順番に、パタパタ送りながら、
   自動演奏してくれる。

 当時のレコードには、オートチェンジャー用の
  セットものレコードがあって・・・
   これは、パタパタ落ちていく、面に、
    順番に、次の面が、録音されている。
 
 ヘンデルのメシアや、MOZARTの魔笛など、
  聴くのには、とってもありがたい。

 また、同じ、レコード2枚、持っていれば・・・
  裏表に、セットすれば、両面が、聴ける。

 こうして、おいらは、いろいろなレコードを、
  組み合わせて、自分のためのコンサートを、
   開いている。

 そして・・・
  ながら聴きのよさ を、感じている。
posted by わさび田のパパゲーノ at 21:57| 長野 ☁| Comment(2) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。