2009年02月20日

おいらのMOZARTのレコードの聴き方 たとえば、交響曲40番 おいらは、こんなふうに、レコードを、集めたんだ。

ジョージ・セル盤↓




ケルテス盤↓




マリナー盤↓





おいらのMOZARTのレコードの聴き方
 たとえば、交響曲40番
  おいらは、こんなふうに、レコードを、集めたんだ。

 結局、評論家の意見とか、本の推奨盤とかは、
  頼りにできなくって、自分で、カタログを、
   調べて買った。

  長い間に、何枚聴いたんだろう?
   軽く30枚以上、聴いていると思う。

 で、MOZARTのほかの曲たちも、10枚以上、
  聴いたものも多いんだ。

  これだけは、評論家・業界の宣伝マンたちの
   甘い記事に、だまされないからね。

   むかし書いた、40番シンフォニーの記事↓


Symphony No.40

 モーツァルトの「交響曲40番」について、思ったままを書きます。
  私にとって、この曲は、モーツァルトを聴く生活をする
    トリガーになった曲です。
 小林秀雄氏の「モーツァルト」の中に、この曲がでてきて、
  大阪だったか、夜の街を歩いている時に、このメロディが響いたと。
 私は、ずっとそれが、「第一楽章」のようなつもりでいたが
    ある時、読み返してみて、楽譜を読むと「第四楽章」だった。

 学生時代に、10Kmロードレースがあって、全員が走った。
  そんな時、この曲の「第一楽章」を口ずさみながら、走った。
   それ以来、何か、走る場面になった時、自然に浮ぶようになった。
  一生懸命になった時にも!

 だから、レコードを見つけると、買ってきて聴いた。
  以下に、それをご紹介します。

  バーンスタイン/ニューヨーク   バーンスタイン/ウィーン
  フリッチャイ/ウィーン      シューリヒト/パリオペラ座
  スイートナー/ドレスデン     フルトヴェングラー/ウイーン
  セル/クリーブランド       カザルス/マールボロ
  ワルター/ニューヨーク      ワルター/コロンビア
  マリナー/アカデミー       ケルテス/ウィーン
  ブリテン/イギリス        ジュリーニ/ニューフィルハーモニア
  ドラティ/ミネアポリス      ベーム/ベルリン
  アバド/ロンドン         ブリュッヘン
  グシュルバウアー/バンベルク   コレギウムアウレウム 等・・・

 ふだん、自分が口ずさんでいるメロディと、同じものはないように思う。
  あるものは、せっかちすぎるし、また、あるものは、飯田線のよう
   そんな中で、手元にいつまでもおいておきたいのは?
    セル/シューリヒト/カザルスの3枚。
      気になるのは、バーンスタイン/ニューヨークのもの
       ふだん使いは、ケルテスかな!!
  あとは、シルヴィバルタンかもしれない。

   自分のための「一曲」を選んであげるのって、たいへんだあ。
    せいぜい、可愛がってあげよう。
     明日も、元気に、歩くために!



ワルター・ウィーンフィル盤↓




posted by わさび田のパパゲーノ at 21:13| 長野 ☔| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユダヤ人の発想 打たれ強い人間になるモノの考え方






ユダヤ人の発想 打たれ強い人間になるモノの考え方

 おいら、サラリーマン時代・・・
  もちろん、開発の仕事の達成のためもあったが、
   いろいろな、発想法・・・
    アイディアマンのことを、研究した。

本なんかでも、基本的に、単なる評論家の書いたものは、
 嫌いで、ダメだけれど・・・
  鈴木鎮一さんの愛に生きるのように、
   自身で、実行された方の本は、
    本当に、真剣に読んだ。

 で、ユダヤ人。
  もう、それっこそ、世界の中で、
   生き抜いた、生き方の見本のような人々。

で、おいらの本の読み方って・・・
 必ず、おいらを、その当事者にしてしまう、読み方だ。
  映画なんかでも、そのヒーローを、
   おいらが、演じているような見方だ。

 おいら、今の世の中。
  こういう、ものの考え方、夢の見方が、
   とっても、大切だと思う。

  学校の勉強などしていると、単なる知識人にしか、
   ならない。

 おいらが、オーディオ・レコード店主に、なったのも、
  単なる組織の一員として、追随するような生き方から、
   もっと、おいらとしての、自力航行型の生き方、
    おいらとして、おいらの本当の夢を、
     追いかけてみようとしたからだ。

 そんな、求心的な生き方をしているおいらが、
  おもしろいなあって思ったのは、
   このユダヤ人の知恵の本だ。

  あなたに、どこが、役に立つかわからないが、
   ふっと、現実の中に、なにか、くいたらないものを
    感じておられるなら、
  そういう気持ちで、この本を、読んでみてください。

   正直、おいら、そんなに、紹介したい本を、
    知らない。
     これは、鈴木さんの本とともに、
      数少ない、おいらの推奨本だよ。



posted by わさび田のパパゲーノ at 20:41| 長野 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海は大荒れ・・・ で、雪の中の散歩で、アース




海は大荒れ・・・ で、雪の中の散歩で、アース

結局、柿崎の海は、そうとう、吹雪いていて、
 さすがのおいらも、列車から、降りるのをやめた。

で、雪の新潟・五泉。
 メタボ対策に、堤防の上の誰も歩いていない、
  新設の道を歩いた。

ダイエットに、お手軽はないと想うけれど・・・
posted by わさび田のパパゲーノ at 15:45| 長野 ☔| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。