2009年02月09日

朝の散歩 3時間

風邪ひいていますが・・・
 家で寝ていても、よけいに、具合が、
  悪くなりそうなので・・・

いつもの通り、散歩してきました。

 今日は、天竜川を、通るコース。
  197キロ下ると、太平洋なんだな。

 おいらの歩いたところは・・・
  川だと、橋で特定できてしまう。

 新水神橋 明神橋
  そして、天竜川の右岸。
   JR田畑駅・東

 こんな時、韓国料理でも、食べたら、
  いいのかな?
ラベル:風邪
posted by わさび田のパパゲーノ at 09:26| 長野 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

本日は、風邪気味で・・・ すみません。




いろいろ、投稿したかったのですが・・・
 風邪気味で、思考力がなく、
  ろくなものが、書けそうもないので、
   今日は、もう、寝ます。

 皆様も、風邪に、気をつけて・・・
posted by わさび田のパパゲーノ at 21:25| 長野 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老人と海  ヘミングウェイ




 老人と海  ヘミングウェイ

 いろいろな人の人生

 おいら、イチローや、松坂のような自分の力だけで
  勝負している人は、すごいなあって思う。

 そして、老人と海のような、漁師さんも。

  日本なら、大間のマグロ漁師さんたちも。

 おいらたち、オーディオ・レコード店主たちも、
  感性の、漁師に、ならねば。
posted by わさび田のパパゲーノ at 13:56| 長野 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陽はまた、少しずれて、昇る  朝の散歩から




陽はまた、少しずれて、昇る  朝の散歩から

 あ、また、へんな記事、書こうとしているな。

  毎朝、3時間くらいの散歩をしている。
おいらの散歩は、コースが、ぜんぜん、決まっていない。
 
 極端にいうと、その先の、交差点を、どっちに、
  行くかすら、決まっていない。

 たとえば、今日。
  漠然と、南方面に行こうとしていたが・・・
   今日は、そちらからの風が強い。
    そこで、北に向かった。

 そして、次々と、交差点を、過ぎながら・・・
  心のままに、散歩しているのだ。


  さあて、陽はまた昇る 
   とは、よく言われる。

  そう、失恋なんかした時に、慰める言葉はこれ。

    陽はまた昇る 

 しかし、ちょっと、正確に書くと・・・
   陽はまた、少しずれて、昇る 

 このあたりだと、太陽は、南アルプスから昇る。
  そして、毎日、少しづつ、北へずれる。

  以前、仙丈ヶ岳から、昇っていた陽は、
   今は、甲斐駒ヶ岳のさらに、北側から昇る。

 で、おいら思う。
  たとえば、レコード。
   仮に、同じ、レコード聴くときでも、
    そのたび、違う。

 おいらの心が、ずれているのだ。
  だから、同じ気持ちで、いつも、聴いていない。

 レコードって、不思議。
  また、聴けると思うから・・・
   聴き方が、軽くなる。

 いっそうのこと、一回聴いたら、消滅すればいいのに。 
ラベル:散歩
posted by わさび田のパパゲーノ at 11:18| 長野 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

全国のレコード屋さんを、よろしく!

全国のレコード屋さんを、よろしく!

 この↓のレコードマップなる本に、
  全国のレコード店が、載っているよ。

 全国のレコード屋さんを、よろしく!

 なにを、いったい、おまえは、言いたいの???
   って、怒られそうだけれど・・・
     おいら、正気で、言っている。

それは、こんな情報社会、いろいろな職種があるなかで、
 なにを、すき好んで、レコード屋なんかやっている、
  変わり者が、全国に、いるという事実。

 もちろん、おいらも、そんな変わり者の片棒だけれど。

  嘘じゃないさ。
   レコードマップの北陸・甲信越に、
    BASIC AUDIOとして、掲載されているよ。

  まあ、おいらのところは、置いておいて・・・

で、今、言いたいのは・・・
 あなたの家の近くのレコード店に、顔を、出してみて。

 レコード屋という、変わり者たちを、見て欲しいし、
  そんな変わり者の店にこそ、あなたのための
   レコードが、隠れている可能性がある。

 また、むかしのおいらが、そうだったように・・・
  レコード店に、顔を出しているうちに・・・
   音楽の全貌とか、自身のかかわり方とか、
    いろいろ、見えてくるのだ。

 その、レコードを、探そうとすることが、
  絶対、あなたの役にたつと思うから。

 レコード屋さん。
  川や、池の流れと同じで・・・
   売れ筋のレコードって、頻繁に、入れ替わる。

  しかし、おいらや、あなたのためのレコードって、
   池の下の方、流れの下の底に、隠れているのだ。

  時として、店主も、忘れているかもしれない。

  しかし、そんなのを、掘り出して、レジに持っていけば、
    間違いなく、店主は、喜んでくれる。

   天邪鬼の店主は、顔に出さないかもしれないが、
    内心で、絶対、言っているはずだ。

    うぬぬ、おぬし、できるな!!!! 




ラベル:レコード屋
posted by わさび田のパパゲーノ at 19:09| 長野 | Comment(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄腕アトムと音楽  発想人間と音楽










今日、NHKのテレビで、鉄腕アトムと音楽
 つまり、手塚治虫さんと、音楽の放送があった。

 もちろん、アニメを、製作中にも、
  クラシックや、ミュージカルを、アナログ・レコードで、
   流されていたのに、加え・・・

 ジャングル大帝はじめ、数々の
  アニメのテーマ・ミュージック、
   そして、バック・ミュージックにも、
    こだわられているのがわかった。

 普通の人々には、ただの音楽にすぎないかもしれないが、
  世の発明家、アイディアマンたちは、
   音楽が、好きだ。

 アインシュタインは、自身でヴァイオリンを、弾いたし、
  糸川英夫さんのチェロ、
   ドクター中松さんの音楽好きは、有名だ。

 今、世相は、不況だと、暗い。
  しかし、みんなで一緒に、お通夜になっていることはない。

 こんな時期だからこそ、それぞれの人の、
  独創力を、発揮しようよ。

 おいら、音楽は、そういう力があると、信じる。
posted by わさび田のパパゲーノ at 18:42| 長野 | Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の散歩とMOZART K.452






朝の散歩 気持ちいい。

 ここは、長野県 上伊那郡 南箕輪村

  中央アルプスと、南アルプスに、はさまれた
   のどかな田園地帯。

 その真ん中を、天を渡る龍のように・・・
  天竜川が、流れている。

 自然も豊か。

  キツネ、いたち、キジ、もぐら、いろいろ。

 そして、そんな美しい自然のなかを行く散歩。
  おいらのは、チンタラ歩きだ。

 そんな朝のさわやかさに、この曲はどうかな↓

ラベル:MOZART
posted by わさび田のパパゲーノ at 09:23| 長野 ☁| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アナログ・レコードって、わかりますか?









おいら、ものすごく、マイナーな、記事を、
 書いているような気がする。

 おいらにとっては、青春時代を、共に、
  すごさせてもらった、アナログ・レコードだけれど、
   今の人たちには、どう思われているのだろう?

 CD、MD、DVD、挙句の果てには固体メモリー。

  レコード・ジャケットを、うれしそうに抱えていた、
   おいらたちは、とっくに、シーラカンスか?

音楽自体も、そういう、レコードみたいな円盤で、
 感じろよりも、テレビや、このパソコンなんかから、
  流れてきてしまうんだから・・・

 おいらなんかが、一日、アルバイトして、1300円の
  時に、2000円だった、アナログ・レコードのLP
   やっと買っていたなんてこと自体が、過去の遺物。

 JAZZの幻の名盤みたいなものが、鑑定団的価値を、
  もっているなんてことも、別次元の話なんだろうなあ。

だから、書いていて、とっても、引っかかるのは・・・
 おいらみたいに、アナログ・レコードの発展と同期して、
  音楽を聴いていたやからと、
   今の若い人たちに、そんなこと、空想して・・・
    音楽聴きましょう・・・
 まして、レコード集めてみたらなんてのは、
  禁句かもしれないね。 

 それでも、MOZARTの音楽などは、
  大切なので、レコードで、もっていたいよ!
   なんて人が、ひとりでも、現れてくれたら・・・
    おいらのこの記事も・・・
     浮かばれるかな???
ラベル:レコード
posted by わさび田のパパゲーノ at 09:12| 長野 ☁| Comment(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

ジャズ たとえば、ウィントン・ケリー

この記事は、この曲を聴きながら読んでください↓



ジャズ たとえば、ここに載せたウィントン・ケリー。
 おいら、ケリーの弾むようなピアノが、好きだ。

 モーツァルトにある生命力に、通じるような・・・

  で、音楽って、教養とか、知識とかで聴かないで、
   おいらたちの、生きているそのリズムで、
    聴きたいと思う。

モーツァルトを聴くためのオーディオ・システムは、
 そんなJAZZの生命力を、再生できるものでないと、
  ダメなんだ。

  そして、鳥の羽毛が、落ちる音が、聴こえるような。

 音楽の光と影。
  そよ風のようなさわやかさと、ダイナミック。



posted by わさび田のパパゲーノ at 18:59| 長野 ☁| Comment(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カテリーナ・カセルリ おいら、いつも、MOZARTばかり聴いているわけではない!

このYOUTUBEを、クリックして↓



カテリーナ・カセルリのペルドーノ
 YOUTUBEは、著作権のクレームで、
  いつ、消されるかわからないので・・・
   これを、聴けた人は、ラッキーです。

 実は、おいら、音楽のジャンルは、何でも好きだ。
  特に、クラシック、ジャズ、ラテン、ポップス
      ワールド・ミュージック などなど。

で、あなたにも、ちまたに、流れている曲ばかりでなく、
 いろいろな、あなたに聴かれたくって、
  待っている・・・
   将来の彼女や、彼氏のような曲
    見つけて欲しいな。

  これは、おじさんの願望です。
posted by わさび田のパパゲーノ at 18:34| 長野 ☁| Comment(0) | 音楽室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レコード屋のくせに・・・ 最近思う、音楽の聴き方




おいら自身のことだ。

 レコード屋でしょう。
  ってことは、レコードが、たくさんある。

 これってすごいことなんだけれど、
  考えようによっては、良くない。

   なんで?

 それは・・・ 聴き方が、軽くなってしまう。
  いや、いつも、何かで、腹いっぱいの
   ぐうたら人間に、なっているっていうこと。

 で、そう・・・
  音楽を聴くのには、適度な飢餓感が、必要。

   音楽の断食

 聴きすぎないことだ。
  レコード屋のくせに・・・
   いいよ、レコード屋の前に、音楽が好きだから。

 正直言って、聴かなくっていいレコードのほうが、多い。
  とっくに、ケリのついてしまった音楽のほうが多い。

  本当に、大切な音楽を、聴いて欲しい。

  そして、そんな音楽に、めぐり会って欲しい。

 たとえば、K.595
  おいらは、クララ・ハスキルで聴く↓

ラベル:レコード
posted by わさび田のパパゲーノ at 18:02| 長野 ☁| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

MOZART入門 なんでも、お気軽入門の国 で、その先は?




MOZART入門 
 なんでも、お気軽入門の国 で、その先は?

 この国で、今、注目を、あびているのは・・・

  ダイエットに、健康、シルバー・エイジ関連

 おいら、いつも、思う。

  オーディオとか、レコードでも、一緒。

本屋に行くと、オーディオ入門
 レコード入門  MOZART入門

  で、その先は???

 ダイエットなんかで、いつも、感じるのは・・・
  まったく、天邪鬼の意見だけれど・・・

  たとえば、マラソンとか、トライアスロンの選手に
   太った人って、いないよね。

 結局、食べる量と、消費する量のバランスだと、
  思うんだけれど・・・

 いろいろな、ダイエット法が、紹介されているな。

  MOZARTの聴き方なんかでも・・・
   あまりにも、なんとか入門 すぎないかと
    気にかかる。


 ところで、この曲は入門用かな?
  おいら、いつも聴いているけれど・・・↓


posted by わさび田のパパゲーノ at 20:33| 長野 | Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽の効用 音楽療法 酒 花 動物・・・






音楽の効用 音楽療法 酒 花 動物・・・

 MOZARTのあの曲は、なになにに効きます。

  なんて、よく紹介されている。

 酒にモーツァルトの音楽を、聴かせると、うまくなる。

  花に、MOZARTで、美しい花。

 工場に、MOZARTの音楽を、流すと、能率が上がる。

  なんにでも、効きそうだ。

   
   しかしだよ・・・

 おいらここでも気になる。

  そんな一般論なんか、どうでもいい。

   おいら、自分でも、不思議。

 おいら自体の、バイオリズムに、マッチした、

  MOZART かけなきゃー、意味がない。

   モーツァルトなら、何でもいいんじゃない。

  自分の気持ち、時間、場所。

   おいらは、じっとして、動かない、酒や花じゃ、

    ないからな。

  おいらの子守唄は↓

posted by わさび田のパパゲーノ at 13:24| 長野 ☀| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MOZARTブーム しかし、おいら気になる??? 愛聴盤持っていますか?








 MOZARTブーム
  しかし、おいら気になる??? 愛聴盤持っていますか?

 最近は、猫も杓子も、MOZART。

  コンサートでも、MOZART。

   本でも、なんでも、MOZARTブーム

 しかし、おいら気になる??? 愛聴盤持っていますか?

  よそのことはいい。

   あなたとしての、愛聴盤持っていますか?

 本には626曲のMOZART。

  しかし、そんなに、レコード集められないよ。

   集めたって、聴けない。 そうでしょう?

  だからこそ、あなたとしての愛聴盤。

   最初は、10枚でいいさあ。

    じゃ、なにを、集める???

  おいらだったら、たとえば↓

posted by わさび田のパパゲーノ at 13:13| 長野 ☀| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

たまには、海に行って心を大地にアースして



たまには、海に行って心を大地にアースしてくるのも、いいものです。
心をとめて、波がよせてくるのを、見ていたり
どーっとくる音を聴いていたり
何かに放心している時間が大切だと思うのです。

いつも、そう、一分一秒たりと、休みなく、心が動いている。
それを、ほんのちょっとでいいから
仮に、10分でもいいから、止めてみたらいい。

心を少し止めるのにも勇気のいるこの頃!
ちょっと、とまって
そして、できたら、もどってみませんか?

おいらの好きなところは、新潟県の北のほう山北町にある
笹川流れ、桑川、今川あたりの風情
このあたりの砂、小石は、ちょっとピンク色の花崗岩
だから、水が澄んで、とっても美しい。
岩と松と、そして、向こうに見える粟島。
海水浴シーズンの前後、訪れている。

posted by わさび田のパパゲーノ at 22:18| 長野 ☀| Comment(0) | 一人旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本物の見つけ方 おいらの レコード・プレーヤー 虎の穴

おいらの レコード・プレーヤー 虎の穴

 なんだい、このタイトルは?

  そう、

 外国から、届けられるたくさんのプレーヤー。


  おいらが、まず、やるのは、

   一週間の まわっしっぱなし。

  これで、たいがいの様子は、わかる。


 人間と同じなんだ。

  うわっつらは、よさそうでも、すぐ、ねをあげるやつ。

   軽薄なやつ。

   そして、一見、無骨だけれど、しっかりしているやつ。

    根性のすわっているやつ。


 もっとも、油切れで、モーター等が、

  焼きつかないように、注油だけは、最初に、

   慎重に、おこなっておくけれど。


  こうして、GARRARD EMT THORENS

   以外にも、たくさん、素晴らしいプレーヤーが、

    あることがわかった。



  設計者の真心が伝わってくるような製品がいいな。

   そういう、信頼の上に、音楽も、生きる。

    そして、聴かせてもらえる おいらも。



  機種は、書かないが、3つ、特に、気に入っているものがある。

   そのうち、一番、気に入っているものは、

    枕元で、まわっている。


  それで、大切なレコード、かける。

   昨日は、エターナリー入りの ダイナ・ショアのレコードだった。







    顔 


 人の顔もさまざま、20歳くらいまでは、DNAに依存した顔である意味で
  本人の希望と食い違っていても手の施しようがないのが事実です。
   顔に地図が、描いてある様で、親をうらんでも、あとの祭りです。
    あの日、とうちゃんが、酒さえ飲んで帰ってこなかったら!!

 そのあとは、その人の日々の心の持ちかたが、がぜん、影響してきます。
  いつも、不平不満、人をねたんだりと暗い思いをしているとだんだん、
   そんな顔に、顔がセットアップされてしまい、早い話が、
    般若のお面のような顔になってしまいます。
  
 一方、日々に喜びが溢れ、明るく、人生に感謝ができて、いつも、
  夢みている人は、大黒様や、観音様のような顔になってきます。
   どうせ、おんなじ時間を過ごすんなら後者の方がいいですよねぇ。
    般若になるか観音様になるかは物理的にはしわの位置が違う
     ということなのですが、日々の心の持ち方が真因です。

 オーディオ製品の顔も何か似ていますね。
  般若顔のやつとか、これみよがしの厚化粧顔のやつとか、
   軽率そうなやつ、見るからに丈夫そうなやつとか、
     なかには、アイデイアだおれっぽいやつとか様々です。
  外国の有名品の顔だけまねして、魂の入っていないようなものを
   コストのためだけででっちあげてしまう、軽薄な設計室から、
    故意に、生み出されたようなやつは、特にいけません。
  それにくらべリゃー、まだ、酒飲んできたとおちゃんのほうが! 

 少し古臭い話ですが、オープンリールのテープレコーダーなんか、
  そんな、象徴でしたね。
   私が今でも現役で使っているREVOXのテープレコーダーと、
    当時の国産の製品を比較しみたら一目瞭然なんです。
     前者はある意味でそっけないくらいシンプルで、
       えっ、だいじょうぶかなあくらいに見えるのですが、
     国産のは、つまみが、でっかく、ただ並べてあって、
       一見、機能的そうに見えるのですが!
  実際に、使ってみると、
   前者は、考えられた操作性の良さにびっくりしますが、
    後者は、ただ並んだつまみが混乱を招き、かえって、
     使いにくいのです。
 そのくせ、録音された再生音の音楽性は、前者が優れているのです。


 EMTのレコードプレーヤーは、一度操作してみたらわかりますが、
  素晴らしい操作性を有していて暗闇でもだいじょうぶで
   大切なレコードをけっして傷つけません。
    これっこそ、人間工学的なデザインというべきものです。

 さあて、あなたはどんな顔のオーディオ装置が好きですか?

 もう、直感で、わかりますよね。そうそう、話してみなくっても。
  観音様や、無骨でも頑固なまでにがっちりした顔の装置を
   選択して、心豊かに音楽に接することで、
    あなたの顔も、観音様のようになるんですよ。

 いつも、心の奥の大切な音楽を再生するシステムだからこそ、
  誰を友達とするかと同じく、何を選択するかは、重要です。


posted by わさび田のパパゲーノ at 22:09| 長野 ☀| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本物の野性 野生の眼 キジに出会う

野生の眼 キジに出会う


 朝の散歩。

  南箕輪から、伊那市御園までいく。

 その途中に、どうやら、キジのなわばりを、突っ切る所がある。


   おいらの行く道の真ん中で、じっとして、こっちを、見ている。

  こういう、キジの眼って、素晴らしい。

   まさに、野生の眼。


  おいらも、林の中にいって、林の気を、吸った。


 昔、今から40年ほど前、イタリア映画 野生の眼があった。

  たしか、そのサウンド・トラック盤、買ったような気がする。


 それにしても、今の時代。

  みんな、養鶏場の鶏や、牛舎の牛の目を、している。


 近所の年寄りが言った。

  最近、バカがいないねえ・・・ って。

posted by わさび田のパパゲーノ at 22:07| 長野 ☀| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

捨てられない 押入れに仕舞いこんだままのレコード それは、 青春時代に、買ったやつ。

捨てられない 押入れに仕舞いこんだままのレコード 聴きませんか?


 レコード

  青春時代に、買ったやつ。

 それが、レコードプレーヤーのベルトが、切れて回らなくなったり
  針がないなどで、聴けなくなっちまった。

 しかし、捨てるに捨てられない。

  あったりまえだよね。

  初恋の彼女の想い出が残っていたり、
   あの夢見ていたころの淡い心が、全部、冷凍保存されている。

 だから、そのまんま、押入れに、仕舞われているんだ。

  変な話、本人が、ぽっくり逝っちゃえば、粗大ゴミ。
   家人はなんだかわからないからリサイクルショップへ。
    想い出はついに、日の目を見ず、すべて、闇の中。


 レコード・オーディオ屋のおいら・・・
  なんか、さびしいんだよね。

 できたら、聴いてほしいんだな。
  団塊の世代なんかだと、みんな、定年。

 それこそ、家で、ゴロゴロしていて、本人が粗大ゴミ・・・
  じゃなくって、今までさんざん、働いたんだから、
   もう、あとは、自分のために人生を楽しまなきゃー。

 押入れに、仕舞う時にも、きっと、
  いつか聴くためにそうしたんだと思うんだ。


 レコード・プレーヤーのベルトは、
  100円ショップで売っているパンツのゴムで代用できる。

 オーディオ装置だって、当時は、高かったが、
  今では、生き残っているやつが、安い。

 設計の悪いやつは、当然、動かなくなっているから、
  今、動くやつは、ある意味、不良選別されているんだな。


 おいらは、海外からそんなヴィンテージ品を取り寄せているが、
  あっちの運送屋は、まず、ブン投げる・・・

 だから、かの国では、直方体だったパッケージが、
  おいらの所に、届いた時には、角がつぶれて、
   大きなボールのようになっちまう。

 で、それでも中身が生きていたら、そいつは、すごい。
  だって、強烈な衝撃試験を、クリアーしたやつなんだ。
   こういうのは、長持ちするんだ。

posted by わさび田のパパゲーノ at 22:05| 長野 ☀| Comment(0) | レコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいらは、言いたい・・・そんな人は、野蛮人だって!

野蛮人!

自己紹介のときなどに、よく出会う場面なんだけど、
「私は、クラシックを聴かないから普通の人なんだ!」って、
平気で言う人がいるでしょう。
言い換えると、
「私は、クラシックがわからないから、普通の人なんだ!」
みたいに、言う人がいるね。
とっつきやすい、普通の人って、言いたいらしいのだけど!

これを、ほかのことで言ったら!
「私は、ピカソや、ルノアールが、わからない。」って
言っているようなものなんだ。

どこの国に、「自分の無知」を自慢する人がいるんだろう?
人類の遺産のような芸術を無視して、なんで平気なんだろう?

たった、ひとこと、言ってあげます。
そんな人は、野蛮人だって!



コロボックル・ヒュッテ

長野県、霧が峰、車山肩に
手塚宗求さんの
コロボックル・ヒュッテがあって
私も、泊めていただいたことがあります。

「邂逅の山」ほか、多数の著書があって、
その著作も素晴らしいのですが、
なんといっても、なにもなかったところに
コロボックル・ヒュッテを
建てられたことに驚嘆しました。

私も、レコードと、オーディオの
「音楽登山のヒュッテになれたら!」と、
しみじみ、想います。



オーディオの調律師

オーディオ製品は、買ってきて、つなげば音はでますが、
音楽的に鳴ってくれるかどうかは、別次元のことです。

テレビだって買って来てアンテナをつないだだけじゃダメで
アンテナの向きを調整しなきゃいけないでしょう。

ピアノだって、そこにあるだけではダメで、
きっちりとした、調律がされて、
初めて、音楽を奏でる準備ができるのです。

私は、そんな、オーディオの調律師を、めざしています。

心という、一番デリケートな世界に接するものだからこそ、
とっても、大切に思っているのです。

そんな製品をあなたが愛してくれたら!
当初から、そんじょそこらにない再生を保証しますが、
あなたが、愛しぬいて聴いてくれたその結果として、
10年後には、素晴らしい音空間が、実現します。
posted by わさび田のパパゲーノ at 22:03| 長野 ☀| Comment(0) | MOZART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの空で、誰が、描いている 雲のらくがき

雲のらくがき


 あの空で、誰が、描いている 雲のらくがき

  とはいえ、空を、見上げたものでないと、見れない。


   車に乗って、携帯電話かけている連中には、

     きっと、見えていないだろうなあ。

       車って、テレビと、おんなじだよな。


  さあて、なにを、書きたかった、っかって、いうと

   はて、なんだったんだろう。

     最近、ボケぎみ。

        ・・・




  雲

   だいたい、恐竜や、カメ。

    いいところで、うさぎ、などか・・・

   しかし、まれに、ビックリするものが、あらわれる。


   夏の夕方

    シューベルトに似た雲が、現われたことがあった。

     ビックリした。


  今は、山を、乗り越えるよう、寒気の雲。

   とっても、見ているだけで、寒い。



  いつ、何が、現われるか、わからない雲。

   テレビ番組表みたいなものなんて、ないんだ。



  レコードを、聴くのも、同じ。

   自分の心の求めるままに、好きな曲を、聴いていく。

    モーツァルト ホルン協奏曲とか・・・


  唐突だが、サラリーマンの楽な点と、大変な点。

   おいらみたいな、気まぐれやには、

    あちらサイドで、決まる、ノルマを、こなすのって、

     とっても、苦手。


  どうしようもない、天邪鬼 人間なんだ。

   おいらには、大変な点ばかりが、めだつ。


 しかし、中には、こちらのほうが、都合のいい人間もいる。

  確かに、いる。

   まあ、どちらにしろ、それなりの努力がいる。

 
  今の世の中、本当に、夢を、持っている人間には、

   逆に、生きづらいかもしれないなあ。

    なんか、こんなことしたいなあって夢。

   しかし、目の前に、仕事があったりで・・・



  座禅なんか、組む余裕もないか。

   しかし、こういう、時間って、

    夢を、見る人間には、絶対、必要。

   一日のなかでも、そんな時間が、必要。

    音楽を、聴くなんてのも、必要。


  オーディオ・レコード屋、やっていて、

   一番、気になるのって、ここのところ。

   単なる、機械や、レコードの物的価値しか、

    感じないやつと・・・

   あのさ。 どういったらいいのかなあ・・・

    ほったらかしておいても、音楽探し出して聴くやつの差。

  正直、前者のほうが、そのときは、売り上げが、上がる。

   しかしさあ、おともだち には、なれないんだよな。



  学校の成績とか、社会の評価でなしに、

   その本人として、こう、満足できているのかって、ところ。


  いろんな人、見ているけれど・・・

   いや、いやがおうにも、見させられてしまう立場なので、

    本当に、つくづく、かんじいっちまう。


  自家発電で、夢を、作って、

   ただ、絵に描いた餅で終わらせずに、

    本当に、夢を、見ているやつ。


   案外、 いないんだよね。


  心の時代。

   癒しの時代。

    あー、なんとでも言え。


   しかし、本当に、自身で、そんなやつ。

     少ないよね。


 いづれにしろ、こんなおいら。

   で、勝手に、好き勝手やっているほうが、いい。


  好きな音楽、聴いていくように・・・







   あの空で、誰が描いてる、雲のらくがき

      みるみると、君の笑顔、あらわれた

     びっくりしたよぉー、夢みてたのかぁー

        ひだまりに、ねころんで

      ここは、南箕輪、こころの、散歩道

posted by わさび田のパパゲーノ at 22:01| 長野 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。